フォレヤマダ日記

思いのままにあるがままに書き綴っていきます。

テレビのホコリ掃除

 ゴールデンウィークの思い出

「連休中、自分はいったい何をしていたのであろうか?」

どこに行っても人だらけ確定なので出掛ける気は起きず、

ほぼ家に居たと思うけど何をしていたのだっけなぁ...

 

そういえば「テレビの裏側を掃除した」記憶がある。

 

いまのテレビは2010年に購入してから早12年経過、

地デジ移行前だったのでリモコンにはアナログへの切替ボタンがあります。

 

「テレビはおおよそ10年が寿命」

とよく聞きますが、

自室にあるテレビは現段階で壊れる気配はゼロ、

画質は少し劣化していると思うけど、

ブラウン管の時代に比べたら問題無しです。普通に綺麗。

現段階ではあと5年ぐらいは余裕で動いてくれそうな感じがします。..

そんなテレビなのですが、

テレビの裏側を見たところある裏蓋内からチラホラとホコリが見えました。

12年間ずーっとほったらかし、

積もりに積もったホコリが原因で着火する可能性が無きにしも非ず。

メーカーから「絶対に開けないでください」の文字はあるけれど、

現状の確認とヤバそうなホコリは除去したいなぁという思いがあるので、

禁断のテレビ裏蓋を開けてみることにしました。

 

たくさんのネジでとめられてる。

無くさないように忘れないように配置どおりに並べる。

 

いざ開けてみたところ、正直、思っていたほどにホコリが無かったです。

想像では大きな綿ホコリが至るところに張り付いていると思ったんですけどね、、、

 

取り出したテレビ裏蓋は高圧洗浄で洗い流したあと天日干し、

最後は乾いた布切れで拭き取りました。

 

配番部分は触れると感電しそうなので、

エアースプレーでホコリを吹き飛ばしたあと、

出て来たホコリを慎重に回収して終了にしました。

深入りはせず!

 

本当はやっちゃいけないと思うけれど、

たまにはこうゆう部分もしっかり掃除もした方が良いだろうなぁと思いました。

本来なら電気屋に持ち込んで見てもらった方が良いと思うけど、

これぐらいなら自分でなんとかしたいと思うところです。

 

みなさまはくれぐれも真似をしないようにお願いします。

メーカーも掃除しやすいようにもっと工夫のある設計してくれないかなぁ、

簡単にテレビの裏蓋を外せるようしてほしいものです。