フォレヤマダ日記

思いのままにあるがままに書き綴っていきます。

スズメが窓に激突した話

昨日、自室で作業をしていたときである。

窓がいきなりドーンと鳴り響き、何かぶつかった感じがした。

「何事か?」と思い、窓の外を覗いてみると、、、

スズメが仰向けになって倒れていました。

 

※写真撮影忘れてしまった為、フリー素材より拝借

 

仰向けになった状態からピクリとも動かず、

衝撃音が凄かったので打ちどころが悪くて「ポックリ逝ってしまったかな?」と観察していたら、微妙に目が動いているのがわかりました。

目は動いているけど他は全く動かず、次に「首でも折れているのかな?」と考える。

う~む、どうするか?

予想では「仮死状態」である。

このまま放置すれば凍死するのは必至、または野良猫が現れて飲み込まれてしまうか、、、

そういえば何かのテレビだったかで『野生のスズメやハトは捕まえて飼育してはいけない』なんてことを学んだ気がする。

インターネットで調べてみると「正解」でした。

野生の鳥などは疫病などの細菌が纏わりついているものなので、迂闊に飼ってしまい培養させてしまうケースがあるとのこと、仕方なく触る場合は手袋は必着です。

それとスズメを飼育することは鳥獣保護法に該当し1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処されるようです。違法飼育。

今回みたいな場合においては「環境局」や各都道府県に設置されいる日本野鳥の会に連絡して引き渡すとのことです。

調べたら割と近所に支部があることがわかる、とりあえず1泊させて様子を見ようと思い、空き箱を探しに部屋中を調べていたところ、目を離した隙にスズメはいなくなっていました、、、

復活して飛んでったのだろうな、この間に野良猫は現れてないと思う、たぶん!

窓ガラスに思いっきりぶつかって脳震盪を起こしてたのだろうね、まあ、とにかく無事であって良かったよ!

秋のほんのひとときではありましたが珍事が見れて良かったです。