フォレヤマダ日記

思いのままにあるがままに書き綴っていきます。

カブトムシ飼育、それから...

カブトムシお預かり9日間

※画像は全てフリー素材より拝借させていただきました。

前回、甥っ子から預かったカブトムシ達は昨日ようやく返還となりました。

預かってから早9日経過、

当初は1週間という話だったが中々回収しに来なく2日ほど延長。

過去、生物を預かっては残念な最期を迎えさせてしまい”処刑人”と揶揄されていたこともあり、今回は名誉挽回を掛けて大切に育ててみたものの、

3日目だったかな?

メスのカブトムシがご臨終を迎えてしましました、、、

まず言いたいのは「なんで逝ってしまうのよ!」ですね、事前にちゃんと飼い方について下調べをし、しっかりとした体制で迎えるにもも関わらず、結果はいつもと同じ結果である。お願いだから預けに来ないでほしいです。

今回は少しヘコんだ、とゆうか、そもそも先方の飼い方が甘いんだよねぇ、

喧嘩っ早いカブトムシを大きい飼育箱とはいえ、5匹同時飼いはやめた方が良いのだよねぇ...

結局、疲弊したりケガしたりして寿命を縮めることに繋がると思うのですよ!

返却するとき少し残念がっていたけど、

上記のアドバイスは一応しておきました。

 

アサガオ

もう一つお預かりしていたアサガオの方は、預かった当初は枯れ枯れ状態でいまにも干からびそうだったけれど『再生』に尽力を注いだ結果、

返却前日に一輪だけ見事な花を咲かせるほどに復活させました。

植物の方が自分には合っていると思う。

 

まとめ

カブトムシ一匹ご臨終させておいて言うのもあれだが、

カブトムシもアサガオも大雑把な育て方しているなと思いました。

もうちょっとね、

しっかりと飼い方や育て方を下調べしてからの方が良いと思います。一応、親には伝えてはおいた。

あと自分はペットとか生物を育てるのが向いていないと改めて思いました、

嫌いじゃないけど世話するのが面倒が何よりも勝る!

やたらカワイイとか言って生物を飼うのは金輪際やめようと思います。

いつも返却時は名残惜しさを感じるものだけど、

今回に関しては特にそんな感情が湧く事は一切なかったです。